防災工事・保守点検

消火器具
消火器にも様々な種類があり、ポピュラーな粉末消火器から、泡消火器や強化液消火器、精密機器にも使用できる
二酸化炭素消火器などがあります。
 
●粉末消火器
●強化液消火器
●泡消火器
●二酸化炭素消火器 等
消火設備
火災に反応したり、 自動火災報知機設備と連動して延焼を防止する設備です。
スプリンクラーや、屋内外消火栓、パッケージ型消火設備などがあります。
 
●スプリンクラー
●屋内・外消火栓
●粉末消火設備
●パッケージ型消火設備 等
避難器具
煙や炎により高層階から階段を使って避難出来なくなった場合に使用される器具です。
避難ばしごや緩降器、避難訓練等でよく目にする救助袋等があります。
 
●避難ばしご
●緩降器
●救助袋 等
防火・防排煙設備
火災時に炎の進行を防ぐ、防火戸・防火シャッターや、煙の蔓延や充満を防ぐ、防排煙ダンパーなどがあります。
 
●防火戸・防火シャッター
●防火ダンパー 等
自動火災報知設備
火災をいち早く知らせる設備で、感知する機器は熱から火災を察知する
熱感知器、煙からの煙感知器、炎を直接察知する炎感知器などがあり
それらを統合し、情報を発信したりする受信機があります。
他にも多数の設備が用意されていて、防火の主幹となる設備が自動火災報知設備です。
 
●火災受信機
●熱・煙・炎感知器
●発信機・ベル・表示灯 等
誘導灯設備
避難口や避難口に続く通路に設置される照明です。電力が遮断されても内蔵電池等により発光が可能です。
 
●一般型
●点滅型
●誘導音付加型 等
非常放送設備
火災や災害発生時などに、建物内に避難案内や放送を出来る設備です。停電時にも内蔵のバッテリーで動作が可能です。
 
●非常放送操作部
●アンプ
●非常電源 等

通信工事

ナースコール設備
病院や介護施設などに設置されており患者や要介護者が緊急時に看護師や介護士を呼び出す装置です。
子機としてPHSを使用し、対応する事も可能です。
 
●表示機
●子機PHS
●各種呼出ボタン
●各種センサー 等
テレビ共聴設備
現在、テレビの電波はUHF・BS・CSがあり、それらを集合住宅の各家庭で見られる様に
増幅したり、分配・分岐したりする設備がテレビ共聴設備です。
 
●UHF/BS/CSアンテナ
●増幅器
●分配器・分岐器・分波器
●直列ユニット 等
LAN設備
近年では必須になってきている、LANの配線や差込口の設置、ネットワーク構築に必要なHUBの設置などをしています。
 
●社内ネットワーク機器 等
防犯設備
防犯には監視カメラが有効です。監視カメラにも色々な種類があり、角度が据付のものもあれば、遠隔で操作
出来るものもあります。また、一般的な建物内での監視の他に近年では、インターネットなどのネットワーク
を利用して、複数地点を遠隔で監視する事も可能な ネットワークITVなども登場しています。
 
●各種防犯カメラ
●デジタルレコーダー
●防犯センサー
●入退室管理機器 等
インターホン設備
住宅で使用されるシンプルな構成のインターホンから、マンション等の集合住宅用では、オートロックと連動していたり
自動火災報知設備の情報表示などにも使用されます。
 
●玄関親機・子機
●マンションロビー用集合機 等
映像・音響設備
各種使用用途、場所に合わせたスピーカーから、アンプやマイクなど様々な機器があります。
ビデオプロジェクターや大型モニターテレビと連動した視聴覚設備です。
 
●各種スピーカー
●アンプ
●無線・有線マイク
●ビデオプロジェクター・音響ワゴン 等
電話交換機設備
主装置と呼ばれる、外線と内線・内線間をつなぐ機器を設置したり、色々な種類の電話機を設置します。
また、屋内用のPHSアンテナなどの設置も行っています。館内の放送設備(スピーカー等)を利用して
ページング放送を行う事が可能です。
 
●主装置
●各種電話機
●PHSアンテナ 等
電気時計設備
設備時計とも呼ばれる設備で、親となる時計が複数の子時計を一括で時刻管理する事が特徴の設備です。
多数の時計を有する施設や、高所に時計を設置しなければならない設備等でのメンテナンスの手間を省くことが可能です。
設備によっては自動放送などと、連動している場所もあります。
 
●親 ・ 子時計
●塔時計 等

その他工事

照明器具
白熱灯と比べて多くのメリットがあるLEDに力を入れて、施工しています。
 
●LED照明 等
その他
 
●空調設備 等